その他

精神的苦痛に対する慰謝料について

精神的苦痛に対する慰謝料とは

「精神的苦痛を受けたので慰謝料を請求したい」という話はよくあります。

ここでの「苦痛」とは、からだや心に感じる苦しみや痛みを意味します。
したがって、「精神的苦痛」とは、精神的な苦しみや痛みということになろうかと思われます。

一方、「慰謝料」とは、精神的損害に対する賠償金のことを意味します。

ところで、民法709条と710条では、

(不法行為による損害賠償)
第七百九条 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

(財産以外の損害の賠償)
第七百十条 他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。

民法709条、710条

と規定されていますが、この710条の「財産以外の損害」には、精神的損害も含まれます。
そこで、慰謝料請求の根拠条文は民法709条と710条であると一般的には考えられています(諸説あります)。

法律相談時などに弁護士が、「精神的損害に対する損害賠償請求」という言葉を用いることがありますが、これは、上記の民法709条および710条の条文からくるものであり、「精神的苦痛(を受けたこと)への慰謝料請求」と意味は変わりません。

慰謝料請求が認められる精神的苦痛について

どのような精神的苦痛に対して慰謝料が認められるのでしょうか
精神的苦痛としては、

  • 身体への侵害を伴うもの
  • 身体への侵害を伴わないもの

に分類することができます。

前者の身体への侵害を伴う精神的苦痛としては、交通事故、医療過誤、スポーツ事故、公害などによる精神的苦痛があります。

一方、後者の身体への侵害を伴わない精神的苦痛としては、

  • 人格的利益への侵害行為による精神的苦痛
  • 財産権侵害に伴う精神的苦痛

が考えられます。

このうち、前者の人格的利益への侵害行為としては、名誉棄損、プライバシー侵害行為、不貞行為、労働事件でも問題となる各種ハラスメント行為などがあります。

後者の財産権侵害に伴う精神的苦痛としては、特定人にとって財産的価値以上の価値がある物を棄損されたときの、財産的価値以上の価値への侵害による精神的苦痛が考えられます。
旅行ツアーが募集会社の手違いにより予定通りに催行されなかったときの慰謝料などがこれにあたります。

身体への侵害を伴う精神的苦痛への慰謝料について

身体への侵害を伴う不法行為による損害は、入院費・治療費、収入減少などの財産的な損害と精神的苦痛による損害があります。
ここでは、後者が慰謝料の対象となります。

身体への侵害を伴う事故としては、交通事故の発生件数が多いこともあり、交通事故の慰謝料に関しては、「損害賠償額算定基準」という書籍(「赤い本」などと呼ばれます。)に慰謝料額の基準が示されており、その基準から慰謝料の範囲、金額が決まる傾向があります。
交通事故以外の身体への侵害を伴う不法行為への慰謝料に関しても、この交通事故の基準が参考にされる傾向があります。

特殊な例としては、公害事件においては、収入減少などの財産的損失も精神的損害とあわせて慰謝料の金額に含めて扱われることがあります。
これは、集団訴訟として一律金額を請求するために、すべての損害を慰謝料に一本化して請求する場合におこなわれるものです。

人格的利益への侵害行為による精神的苦痛への慰謝料について

名誉棄損に対する慰謝料について

この類型としては、名誉棄損行為に対する慰謝料が問題となるケースが多く、かつては、マスメディアによる名誉棄損行為が問題とされるケースが多かったものと思われます。
しかし、近時ではネット上での名誉棄損行為が問題とされることが多くなってきています。
名誉棄損に関する慰謝料は、被害者が公人、著名人の場合と一般人の場合とでは金額が異なることが多く、一般人が被害者の場合は数十万円程度が一般的であるといわれています。

プライバシー侵害に対する慰謝料について

プライバシーの侵害としては、近時では、顧客リストの流出が問題とされるケースも多く、その場合の慰謝料は数百円~数千円程度が一般的であるといわれています。

財産権侵害に伴う精神的苦痛への慰謝料について

一般的には、財産的損害が回復されれば、精神的損害も回復すると考えられていることから、この類型の慰謝料が認められることは必ずしも多くはありません。
また、慰謝料が認められても金額は少額に留まることが多いようです。
旅行会社の過失によりツアーが中止されたケース、写真が消失したケースなどで慰謝料が認められた裁判例があります。

この類型の裁判例に関しては、下記の記事で扱っています。

お気軽にご相談ください

救助ヘリコプターで遭難者が救助隊に吊り上げられている遭難者救助時の写真

この記事と同じような悩みをお持ちの方
お気軽にご相談ください

電話でのお問い合わせ
03-6457-9455
(平日:6:45~18:00)

関連記事

たまのお法律事務所

〒105-0003
東京都港区西新橋1-21-8
弁護士ビル508号室

TEL:03-6457-9455
(平日6:45~18:00)

主な取扱分野:一般企業法務 内部規則作成
         労働問題 相続問題 行政訴訟
         登山事故 医療過誤

人気の記事
最新の記事
  1. 会社の休日連絡用携帯電話貸与と賃金

  2. 配置転換は拒否できるのでしょうか?

  3. 二重出向ー出向先の再出向命令には従わなければならないのか

  4. 法律上の期間、期限など日に関すること

  5. 株主総会議事録の記載内容が実際の決議と異なる場合について

  1. 登山道整備不良に起因する事故の法的責任~登山道の瑕疵と管理者の責任

  2. 配偶者短期居住権とは~制度の内容/配偶者居住権との違いは?

  3. 外資系金融機関フロントオフィスの解雇有効性判断枠組~一般企業と違う?

  4. 配偶者居住権とは~配偶者は遺産の建物に終身、無償で住めるのですか?

  5. 教育活動での登山事故の法的責任~引率教員の過失および学校設置者の責任

TOP