弁護士紹介

弁護士 中 野 正 博(東京弁護士会所属)

ご挨拶

法律相談・事件受任に際し心がけていること

法的な問題の解決方法は必ずしもひとつではありません。多くの選択肢が存在しうるのが通常です。その中のどの選択肢が最良であるかは、具体的な状況、依頼者の方の置かれた環境により異なってきます。だからこそ法的な問題の解決には、まずは出来る限り正確に現状を把握・整理・分析することが重要となります。次に正しい現状分析の上で法的な問題の解決のために取り得る選択肢を各々のメリット・デメリットを相談者の方が抱える事情(制約条件)と共に検討し、どの解決策を選択するのかを決定する必要があります。
問題は、多くの場合において単純に最も金銭的利益の多い解決策を選択することが必ずしも相談者・依頼者の方の利益を最大化することとはならないという点にあります。
そこで、初期段階において、相談者・依頼者の方と時間をかけて現状の分析をおこない、解決策として取りうる複数の選択肢を各々の長所、短所と共に出来る限り日常用語を用いて分かりやすくご説明し、相談者・依頼者の方がご自身にとって最も利益となる解決策を選択されるためのお力になれるよう心がけております。

主な取扱分野

法人向け

  • 企業法務一般
  • 就業規則の作成・改定リスト
  • その他社内規則、規程類の作成
  • 諸規程類運用マニュアル作成

個人向け

  • 雇用問題
  • 相続
  • 行政訴訟(主に公害訴訟)
  • 登山事故


経歴

1981年03月
愛知県立千種高等学校卒業
1986年03月
東北大学経済学部卒業

銀行員(邦銀・外銀)メーカー財務等を経て
2011年08月
弁護士登録(64期)
都内法律事務所在籍
2012年08月
当事務所開設