BLOGブログ

主に公害、山、雇用、相続等の法律との関わりに関するブログ記事を掲載しております。
同様な問題にお悩みの方のご参考になれば幸いです。

山と県・市町村の境界

山の山頂、稜線が県・市町村の境界となっているケースは北アルプスをはじめ、多く見られます。しかし、飯豊山、鳥海山のように、山頂、稜線から県境線が外れて設定されているケースも少なくありません。ここでは、筑波山の山頂付近の町の間の境界線が争われた裁判の判決をみながら、地方自治体間の境界線の判断、設定の考え

共犯と中止未遂

中止犯の成立および共謀共同正犯において、実行犯に中止犯の成立が認められる場合、もう一人の共犯者にも中止犯の成立が認められるかを、丹沢山中殺人未遂事件の判決文をみながら確認してみます。

首長の違法な処分に従った公務員の損害賠償責任

首長の専決処分などが違法と判断され、首長個人が地方自治体に対し損害賠償責任を負う場合、その指示に従い、公金の支出等をおこなった公務員も損害賠償責任を負うのでしょうか。裁判例をみながら考えてみます。

国家賠償法1条2項の求償について

国家賠償法1条2項では、公務員の過失により国または地方公共団体が損害賠償をしたときの公務員個人への求償権について規定しています。この求償権は1条1項との関係でどのように考えるのでしょうか。

課外活動における落雷事故と学校の法的責任

課外活動の場における落雷事故の裁判を通して、学校行事における自然災害による事故において引率・指導教員に求められる注意義務の水準が、教員間の認識と科学的知見の間に乖離がある場合、科学的知見により決まり得るのかをみてみます。

土地の工作物の範囲について

民法717条1項の土地の工作物には、どのようなものが該当するのでしょうか。判例・裁判例をみながら該当する範囲を考えてみます。

TOP