法律相談前にはどのような準備をしておけば良いのでしょうか

法律相談は相談時間に応じて相談料が発生します。また、1回の相談時間も限られています。
そこで、①事前にトラブルについて簡単なメモを作成してみてください。このメモを作成した時に記憶があいまいになっていることがあれば日記、カレンダーの書き込み等を参考に記憶を喚起してみてください。
更に②トラブルの経緯を時系列にまとめた時系列表、③関係者の人物相関図を作成してみてください。

法律相談には何を手元に置いておけば良いのでしょうか

契約書等印鑑を押した書類だけではなく自分で作成した簡単なメモ、当時のカレンダーへの走り書き、日記帳等事件に関係する書類は出来る限り手元にご準備下さい。紛争解決に何が役立つかはお話をお伺いするまで分かりません。法律相談を実のあるものにするためにも関係書類は出来るだけ手元にご準備ください。
また、可能であれば①事件について自分なりにまとめたメモ、②事件経過の時系列表、③事件関係者の人物関連図を事前に作成の上ご準備ください。
受任に至らずとも、弁護士は当然に守秘義務を負いますので、相談時に拝見した書類の内容に関しては相談内容に関係ない事項であっても第三者に明かしたりすることは決してありません。安心して出来るだけの書類をご準備ください。

仕事の関係で何時に会社を出られるか分かりません。土・日、祝日に相談できないのでしょうか

当事務所では平日は会社の始業前の早朝6時45分から法律相談をご利用いただくことが出来ます。
また、基本的には土・日、祝日はお休みをいただいておりますが、事前にご相談いただければ事情によっては土・日、祝日に法律相談に応じられることもあります。お気軽にご相談ください。

具体的にトラブルが発生していない段階で法律相談をすることは出来るのでしょうか

何らかの不安をお持ちの際には何らかのトラブルの原因が存在する場合が多いものです。この場合、具体的な紛争に発展することを回避することが重要です。
法律相談では具体的な紛争に発展する前段階での対処方法についてのアドバイスが可能な場合もありますので、まずはご相談ください。

一度法律相談をしてしまうと、結局事件を依頼しなければならなくなりそうで・・・

そのようなことは決してございません。事件を依頼する場合は弁護士との相性が大切です。弁護士の事件処理に対する姿勢・方法は人によりかなり異なっています。どの方法が良いと必ずしも言い切ることは出来ません。結局自分にとってその進め方が合っており、納得できるかが重要です。事件を依頼される場合には慎重に弁護士を選ばれることをお勧めいたします。
一方、法律相談の結果、当事務所に依頼されたい旨のお申し出があっても当方からお断りすることもあります。同時に処理できる事件数には自ずと限界があり、処理能力の問題があるからです。また、紛争解決は弁護士だけでおこなうものでなく、あくまでも紛争を解決する主体は依頼者ご自身です。弁護士は紛争解決のお手伝いをするに過ぎません。依頼者ご自身で最終的なご判断をいただく事項があります。そこで、依頼者の方の考え方と当事務所の考え方があまりに異なる場合、責任を持った事件対応が不可能となりかねないことから、そのような恐れのある場合にもお断りすることがあります。

最近の記事
人気の記事
おすすめの記事
  1. 那須雪崩事故~公立高校の部活時の登山事故と指導教員個人の責任

  2. 定年後再雇用時の賃金と定年前の賃金について

  3. 同一根拠法の処分の取消訴訟における異なる原告適格の判断と判例変更

  4. 行政処分に対する取消訴訟の原告適格が認められる範囲について

  5. 外廊下の水たまりは民法717条1項の瑕疵となるのでしょうか

  1. 法律上の期間、期限など日に関すること

  2. 職務専念義務違反とは?~義務の内容、根拠、問題となるケースなど

  3. スノーシューツアーの雪崩事故におけるガイドの刑事責任~ニセコ雪崩事故

  4. 公序良俗違反とは?~その意味、具体例、法的効果と金銭返還請求など

  5. 解雇予告の30日前の数え方と夜勤の労働時間の計算-労働基準法の日と時間

  1. 山の頂、稜線が県・市町村の境界と一致しない例と理由、帰属の判断基準

  2. 登山事故の分類と民事訴訟について

  3. スキー場の雪崩事故と国賠法の瑕疵認定~判断枠組み、予見可能性の影響等

  4. 八ヶ岳残雪期滑落事故にみるツアー登山での事故における主催者の法的責任

  5. 配置転換は拒否できるのでしょうか?