医療過誤の法律相談

医療事故が疑われる場合の診療記録の収集等のご相談から、証拠保全、医療過誤訴訟の検討、交渉、訴訟提起までお手伝いをいたします。

医療過誤が疑われる場合のご相談の流れ

 記録の整理

ご相談予約フォームまたは電話で法律相談の申し込みをしていただきます。
重点的に相談したい事項、希望日時及び希望相談時間(初回のご相談は原則として1時間までとさせていただいております。)等をお名前、ご連絡先等と共にご連絡いただくこととなります。
尚、メール、電話等でのご相談内容へのご回答は一切いたしません。


 法律相談

上記の作業が進んだ段階で、医療過誤を取り扱っている弁護士に上記で作成したメモと整理した各種資料を持参上、法律相談受けて医療過誤の可能性を検討します。


 証拠保全

医療過誤の可能性が疑われる場合、カルテの改ざん、検査記録の破棄等を防ぐため診療記録の証拠保全をおこないます。


 協力医相談・意見書作成

診療記録を精査した上で、医療過誤が疑われる場合、協力医との相談、意見作成書依頼をおこないます。
その結果を受けて、訴訟過誤の可能性、今後の方針について検討します。


 示談交渉・訴訟提起

病院・医師との間で訴訟外の示談交渉をおこないます。
交渉が不調な場合、裁判所に訴訟を提起します。


最近の記事
おすすめ記事
  1. 直筆でない財産目録に署名押印がない場合の自筆証書遺言の有効性

  2. Damages for mountain climbing accidents

  3. 登山事故の損害賠償額

  4. Classification of mountain climbing accidents and civil lawsuits

  5. Mountain climbing, criminal and civil incidents

  1. ツアー登山事故における法的責任について(その1)

  2. 配置転換の拒否について

  3. 公序良俗違反について

  4. 山岳会での登山事故における法的責任について

  5. 山岳地帯での事故における法的責任について(その3)

TOP