相続

被相続人の債務の返済義務

被相続人の借入金

AさんとBさんの夫婦は長らく共稼ぎで会社勤めをしていましたが、子が一人暮らしをはじめたのを機に、かねてからの夢だった甘味店を銀行から500万円借り入れ開業しました。
しかし、甘味店の開店から半年も経たないうちに、Aさんは遺言も残さずに突然亡くなってしまいました。
銀行からの借入金の元本返済は未だ始まっておらず、500万円全額が未弁済のまま残っている状態です。
AさんとBさん夫婦に子は1人で、法定相続人はBさんとその子となります。Bさんは借入金の返済義務を負うことになるのでしょうか。

このような場合、借入金がAさんとBさんの連帯債務であれば、Bさんは全額の返済義務を負うのが原則で、Aさんの単独債務であれば、相続放棄しなければ、Bさんと子が半額ずつ返済義務を負うこととなります。尚、単独債務でもBさんが保証人となっていれば、Bさんは全額の保証義務を負うこととなります。

連帯債務の問題

借入金がAさんとBさんの連帯債務であった場合、民法436条で、

債務の目的がその性質上可分である場合において、法令の規定又は当事者の意思表示によって数人が連帯して債務を負担するときは、債権者は、その連帯債務者の一人に対し、又は同時に若しくは順次に全ての連帯債務者に対し、全部又は一部の履行を請求することができる。

民法436条

とされていることから、Bさんは借入金500万円全額の返済義務を負うことになります。

借入金の相続

原則的処理

借入金がAさんの単独債務であった場合、民法896条で、

相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

民法896条

と規定されており、相続人は、相続財産のみでなく、被相続人の負っていた債務も相続することから、相続人であるBさんと子は借入金を相続することとなり、その返済義務を負うこととなります。

しかし、以前の記事でみましたように、相続人は相続放棄することにより、債務の相続を免れることが出来ます。また、相続放棄しなかった場合は、相続人は、法定相続分の相続債務を分割債務として承継することも以前の記事で述べた通りです

相続債務の法定相続分と異なる割合での相続

それでは、Bさんと子が遺産分割協議を経て、Aさんの借入金の全額を子が相続すると決めた場合、Bさんは、返済義務を負わずに済むのでしょうか。

この点に関連して、遺言で相続分の指定があった事案において、最高裁判所は( 最判平成21年3月24日)、

遺言による相続債務についての相続分の指定は,相続債務の債権者(以下「相続債権者」という。)の関与なくされたものであるから,相続債権者に対してはその効力が及ばないものと解するのが相当であり,各相続人は,相続債権者から法定相続分に従った相続債務の履行を求められたときには,これに応じなければならず,指定相続分に応じて相続債務を承継したことを主張することはできないが,相続債権者の方から相続債務についての相続分の指定の効力を承認し,各相続人に対し,指定相続分に応じた相続債務の履行を請求することは妨げられない

最判平成21年3月24日

と判示しています。この判決の趣旨は、遺産分割協議等において相続人間で相続債務の負担割合を法定相続分と異なる割合と決めた場合にも当てはまると考えられており、相続人から債務者に対し、法定相続分と異なる割合を主張することは出来ないとされています。尚、債権者が、異なる相続割合に同意している場合は、法定相続分と異なる割合での返済も可能となります。
このように、借入金がAさんの単独債務である場合、Bさんは、借入金残金の法定相続分である2分の1にあたる250万円の返済義務を負うのが原則となります。

相続人が保証人であった場合

尚、単独債務であった場合でも、BさんがAさんの(連帯)保証人となっていた場合は、500万円の保証債務を負うこととなります。

関連記事

この記事と同じような問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください


たまのお法律事務所


105-0003
東京都港区西新橋1-21-8 弁護士ビル508号室


地図



電話でのお問い合わせ

TEL:03-6457-9455

(平日6:45~18:00)


メールでのお問い合わせ
最近の記事
おすすめ記事
  1. 退職勧奨の限界

  2. 遺言の無効について

  3. 教育活動の登山事故における法的責任について(その6)

  4. 変更解約告知について

  5. 遺留分の放棄

  1. 山岳地帯での事故における法的責任について(その3)

  2. 登山事故の分類と民事訴訟について

  3. 公序良俗違反について

  4. 山岳会での登山事故における法的責任について

  5. ツアー登山事故における法的責任について(その1)

TOP