雇用

転職後の配転と賃金の減額

転職者の配転とそれにともなう賃金の減額

Aさんの場合

Aさんは、会社の人事から、営業部からシステム部へ異動を命じられました。それに伴い、職務手当がなくなるなどして給与が月に5万円減額されることとなりました。
Aさんは5年前に今の会社に転職してきたのですが、その入社時の契約では、Aさんの職種は営業職となっていたことから納得が出来ません。
Aさんは会社に対して何か言えるのでしょうか。

Aさんへの措置の問題点と有効性

Aさんの場合、①転職入社時の所属部署からの配転が職種の変更をともなうこととなりますので、職種の限定との関係で許されるかという点と②賃金減額を伴う配転が許されるかという点が問題となり得ます。
しかし、下記のことから、特段の事情がなければ、配転命令は有効となる可能性が高く、賃金の減額も減額幅が受忍限度内であれば有効と考えられます。

転職者の配転について

配転について

まず、配転の一般的な可否につきましては、以前、「配置転換の拒否について」というブログ記事で触れましたが、労働契約の締結により労働処分権としての配転命令権を会社が有することとなり、その配転命令権により配転が可能になると考えられています。
そして、この会社の配転命令権の行使範囲は広く解されており、具体的な配転命令が権利濫用と認められる場合を除き有効に配転命令をなし得ると考えられています。
これは、長期雇用を前提とする日本企業が、各種の業務を経験させながら従業員を育成しているという点を重視した考えであるとされています。
ただし、この長期雇用の前提は近時では変化してきていると思われます。

職種限定合意

上記のように労働処分権も労働契約から生じるものであることから、転職入社時に特に職種を限定する合意が成立していたような場合、会社の配転命令権も一定の制限を受けることとなり得ます(労働契約法7条ただし書参照)。
しかし、このような職種限定の合意の成立が認められるのは、従業員が特殊な技術・技能・資格を有する場合に限られると考えられています。
尚、長期雇用を前提とした採用では、職種限定の合意の成立が認められる場合でも、相当期間経過後には他の職種への配転をなし得るという(黙示の)合意が会社と従業員の間に成立しているとされることもあります。その場合、会社は、入社から相当期間経過した従業員であれば、入社時に職種限定の合意があっても他職種へ異動し得るということになります。

Aさんの配転の可否

これらのことからしますと、Aさんの営業が特殊な技能・資格が必要なような内容であれば、職種限定合意の成立が認められる余地があり、会社の異動命令に対して異議を述べることも可能となり得ます。
ただし、その場合でも、転職入社から5年経過していることからしますと、会社の異動命令は有効であると判断される可能性もあり得ます。
一方、Aさんの営業がそこまでの専門性が高いものでなければ、会社が不当な動機・目的で異動命令を下したような事情がなければ、配転命令は有効なものとなる可能性が高いものと思われます。

賃金の減額を伴う配転の可否

次に、賃金減額を伴う配転の問題ですが、職務の変更により職務等級が降級され、それに伴い賃金も減額された措置の有効性が争われた裁判の判決(東京地判平成27年10月30日)において、

本件人事発令には業務上の必要性が認められ,他の不当な動機・目的を持ってされたものであると認められない一方,これに伴うグレードの変更と基本給及び賞与の減額等を勘案しても,原告に生じた不利益が通常甘受すべき程度を超えるものとはいい難いから,本件人事発令及びこれに伴う原告のグレードの変更を人事権の濫用として無効とみることもできない

東京地判平成27年10月30日

と判示されているように、異動命令が不当なものではない場合、賃金の減額が一般的に許容され得る範囲内であれば、賃金の減額も有効となり得ると考えられています。

Aさんの場合、給与総額が不明なので明確ではありませんが、配転命令が有効であると判断され、更に給与の減額が受忍限度内と考えられれば、賃金の減額も有効と判断されることとなります。

関連記事

ブログ(カテゴリー別)

最近の記事
おすすめ記事
  1. 被相続人の債務の返済義務

  2. 直前または当日の年休取得申請について

  3. ゴルフ場の落雷事故と法的責任

  4. 国家賠償法1条2項の求償について

  5. 遺言執行時の遺言の解釈

  1. ツアー登山事故における法的責任について(その1)

  2. 山岳会での登山事故における法的責任について

  3. 登山事故の類型と民事訴訟について

  4. 配置転換の拒否について

  5. 公序良俗違反について

TOP