雇用

待機時間と労働時間について

待機時間の残業代

理容師のAさんの勤務は毎週月曜日と交代であと1日が休みとなっています。また、店の営業時間は午前10時から午後7時30分までとなっています。
これまで、残業代をもらったことがないので、Aさんは店長の機嫌の良さそうな時を見計らって、残業代のことを聞きました。店長はニコニコしながら、「A君は昼1時間食事で休んでいるだろう。それに、客が来ないときにはスマホで動画を見たりして休んでいるし、その時間を考えると1日7時間30分くらいしか働いていないことになるのだよ。8時間働いていないのだから残業代はないのだよ。残業代が払えるくらい引っ切り無しにお客さんが来てくれればいいのだけどね。」と言われました。
確かに客が来ないときは裏でお茶を飲みながら雑誌を読んだり、テレビを見たり、メールをしたりしているので「働いているとは言えないだろうから」残業代なんて貰えないのだろうなと諦め始めているAさんですが、やはりAさんは残業代を請求出来ないのでしょうか。

残業代の支給対象

詳細な計算は別にしますと、所定労働時間を超えた労働時間に対してはし時間外手当を請求できるのが原則です。
まずは、Aさんの所定労働時間が8時間なのかをする必要があります。社長は8時間を基準に残業手当の話をしていますが、仮に契約上Aさんの所定労働時間が7時間であれば、7時間を超えた労働時間に対しては残業手当を請求することが出来ます。

ここでは、契約上、Aさんの所定労働時間は8時間であったとします。

Aさんがお昼に1時間休憩時間があるとすると、1日8時間30分働いているようにも思われますが、残業代を請求できるかは、毎日1時間程度客が来るのを待つ間スマホで動画を見てりしている時間をどのように考えるかにより変わってきそうです。

来客型店舗の手待時間と休憩時間

Aさんのような理容師のような来客型店舗での仕事では、客が来店しない時間がありますが、Aさんの場合もこの時間が果たして「賃金の支払い対象となる労働時間となりうるのか」が問題となっているのだと言えます。
このような客待ち状態の時間が労働時間に該当するかは、客待ち時間を休憩時間と考えるのか、あるいは「手待時間」と考えるのかにより結論が異なってくることとなります。
手待時間は、職場において待機しているが実際には働いていない時間という点では休憩時間とあまり変わりませんが、使用者の指揮命令から離れて自由にすることが出来ない点が異なります。
休憩時間ではなく手待時間であれば労働時間に含まれることとなります。
この休憩時間と手待時間は、使用者の指揮命令下に置かれていると評価できるかにより判断されることとなります。

手待ち時間に関しては、店舗型ではありませんが、タクシー会社が30分を越える会社の指定場所以外での客待ち待機時間を労働時間からカットしていた事件で裁判所は、

「労働基準法上の労働時間とは,労働者が使用者の明示又は黙示の指揮命令ないし指揮監督の下に置かれている時間をいうというべきである。原告らがタクシーに乗車して客待ち待機をしている時間は,これが30分を超えるものであっても,その時間は客待ち待機をしている時間であることに変わりはなく,被告の具体的指揮命令があれば,直ちに原告らはその命令に従わなければならず,また,原告らは労働の提供ができる状態にあったのであるから,30分を越える客待ち待機をしている時間が,被告の明示又は黙示の指揮命令ないし指揮監督の下に置かれている時間であることは明らかといわざるを得ない」

大分地判平成23年11月30日

と判示しています。また、少し前の裁判ですが、寿司屋が客待ち時間を休憩時間として労働契約を締結していた事案で、

労基法三四条所定の休憩時間とは、労働から離れることを保障されている時間をいうものであるところ、原告らと被告との間の雇用契約における右休憩時間の約定は、客が途切れた時などに適宜休憩してもよいというものにすぎず、現に客が来店した際には即時その業務に従事しなければならなかったことからすると、完全に労働から離れることを保障する旨の休憩時間について約定したものということができず、単に手待時間ともいうべき時間があることを休憩時間との名のもとに合意したにすぎない

原告らは、勤務時間中に客がいない時などにおいて、適宜休息をとることがあった・・・が、右時間は、休息しているとはいえ、客が来店した場合には直ちにそれぞれの業務に従事しなければならなかったことからすると、これをもって休憩時間とはいえず、いわゆる手待時間にすぎないから、右時間もこれを労働時間に含まれるものといわなければならない

大阪地判昭和56年3月24日

と裁判所は判示しています。

これらの判決から分かるように、客が来店すればすぐに客に対応することを使用者から求められているような場合、客を待っている時間は手待時間として労働時間に含まれることとなります。

理容師も外出(実際には休憩室で取るのでしょうが)出来る食事時間等を除けば、客が来店すればすぐに対応しなければならないのですから、このような時間は手待時間として労働時間に含まれることが多いと思われます。
そこで、Aさんも店長に対して残業手当を請求することが出来そうです。

関連記事

ブログ(カテゴリー別)

最近の記事
おすすめ記事
  1. 被相続人の債務の返済義務

  2. 直前または当日の年休取得申請について

  3. ゴルフ場の落雷事故と法的責任

  4. 国家賠償法1条2項の求償について

  5. 遺言執行時の遺言の解釈

  1. 登山事故の類型と民事訴訟について

  2. 配置転換の拒否について

  3. 山岳会での登山事故における法的責任について

  4. 山岳地帯での事故における法的責任について(その3)

  5. 山岳地帯での事故における法的責任について(その4)

TOP