相続

遺言の撤回と変更について

遺言を一度作成してしまえば、後になって撤回したり、内容を変更したりすることは出来ないのでしょうか。

遺言に関しては、遺言者は理由がなくとも、いつでも遺言を撤回することが出来るとされています。
例え遺言者が、「これが最後の遺言だから。」と宣言した上で遺言を作成していても撤回することは出来ます。
また、遺言が自筆証書遺言であろうと公正証書遺言であろうと変わりません。
単純に遺言を撤回して遺言が無かった状態に戻したいのであれば(遺産を法定相続分で分けようと考え直した場合等)、遺言者自身で遺言書を破棄して(物理的に破って)しまえば良いこととなります。

一方、遺言内容を変更したいと考えた場合、新しい遺言を作成することが考えられます。
新しい遺言と元の遺言の内容が抵触する場合、元の遺言は抵触する範囲で撤回されたこととなります(元の遺言が公正証書遺言で新しい遺言が自筆証書遺言であった場合でも同じです)。

例えば元の遺言で「兄にA不動産を相続させる」としていたのを新しい遺言で「弟にA不動産を相続させる」と書いた場合、新しい遺言と元の遺言の内容を同時に実現することは出来ないことから、2つの遺言は矛盾することとなります。この場合、古い遺言は撤回されたものと考え、新しい遺言が有効となります。
結果的に元の遺言の内容は変更されたことになります。

遺言者が複数の不動産を所有しており、元の遺言で「兄にA不動産を相続させる」としていたのを「弟にB不動産を相続させる」と新しい遺言で書いた場合、元の遺言と新しい遺言は同時に実現することが可能なので抵触していません。
この場合、元の遺言も新しい遺言も有効ということになり得ます(ただ、客観的に抵触していなくとも実質的に抵触していると判断される余地がないわけではありません)。

新しい遺言を作成すれば元の遺言が全て撤回されたことになるわけではないので注意が必要です。

更に、元の遺言を作成した後、亡くなる前に遺言者自身がA不動産を売却していたような場合、元の遺言の内容を実行することは遺言者の売却行為により不可能となってしまっています。
この場合、元の遺言は遺言者の行為により撤回されたと考えます。

それでは、元の遺言を新しい遺言で撤回した後に、新しい遺言が撤回された場合、元の遺言は復活するのでしょうか。
この場合、元の遺言が撤回されたのが詐欺や強迫の行為によっておこなわれたような場合を除き、元の遺言は撤回しないとされています。

関連記事

ブログ(カテゴリー別)

最近の記事
おすすめ記事
  1. 被相続人の債務の返済義務

  2. 直前または当日の年休取得申請について

  3. ゴルフ場の落雷事故と法的責任

  4. 国家賠償法1条2項の求償について

  5. 遺言執行時の遺言の解釈

  1. ツアー登山事故における法的責任について(その1)

  2. 公序良俗違反について

  3. 山岳会での登山事故における法的責任について

  4. 登山事故の類型と民事訴訟について

  5. 配置転換の拒否について

TOP