相続

墓地、祭祀財産及び遺産について

墓地、墓石は相続財産として遺産分割の対象となるのでしょうか。
もし、遺産と考え、相続人が複数いる場合、墓地をどのように分けるのでしょうか。

墓石のようなものは「祭祀財産」と言います。
民法897条は「墳墓の所有権は・・・祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する」と規定しているのですが、墓石が「墳墓」に含まれることには問題がありません。
そこで、墓石も法律上は遺産に含まれず祭祀主宰者が承継するものとされていることとなります。

一方、墳墓の土地、所謂墓地が「墳墓」に含まれるかについては一応争いがありますが、一般的には墓地も「墳墓」に含まれるとされ、墓地も祭祀財産であり遺産には含まれないと考えられています。

これらのことから、墓石と墓地は遺産分割の手続きとは別に祭祀主宰者が承継することとなります。
この祭祀主宰者は、被相続人が指定した場合は指定された人、指定していなかった場合はその地方の慣習により、慣習が定かでないときは家庭裁判所の審判により決められることとなります。
尚、被相続人の祭祀主宰者の指定は遺言による必要はありません。

墓地、墓石に関連したところでは、香典、葬儀費用も一般的には遺産に含まれないと考えられています。

関連記事

ブログ(カテゴリー別)

最近の記事
おすすめ記事
  1. 被相続人の債務の返済義務

  2. 直前または当日の年休取得申請について

  3. ゴルフ場の落雷事故と法的責任

  4. 国家賠償法1条2項の求償について

  5. 遺言執行時の遺言の解釈

  1. 山岳会での登山事故における法的責任について

  2. ツアー登山事故における法的責任について(その1)

  3. 登山事故の類型と民事訴訟について

  4. 山岳地帯での事故における法的責任について(その4)

  5. 公序良俗違反について

TOP