医療過誤

医療過誤の法律相談

医療事故が疑われる場合の診療記録の収集等のご相談から、証拠保全、医療過誤訴訟の検討、交渉、訴訟提起までお手伝いをいたします。

医療過誤が疑われる場合のご相談の流れ

 記録の整理

ご相談予約フォームまたは電話で法律相談の申し込みをしていただきます。
重点的に相談したい事項、希望日時及び希望相談時間(初回のご相談は原則として1時間までとさせていただいております。)等をお名前、ご連絡先等と共にご連絡いただくこととなります。
尚、メール、電話等でのご相談内容へのご回答は一切いたしません。


 法律相談

上記の作業が進んだ段階で、医療過誤を取り扱っている弁護士に上記で作成したメモと整理した各種資料を持参上、法律相談受けて医療過誤の可能性を検討します。


 証拠保全

医療過誤の可能性が疑われる場合、カルテの改ざん、検査記録の破棄等を防ぐため診療記録の証拠保全をおこないます。


 協力医相談・意見書作成

診療記録を精査した上で、医療過誤が疑われる場合、協力医との相談、意見作成書依頼をおこないます。
その結果を受けて、訴訟過誤の可能性、今後の方針について検討します。


 示談交渉・訴訟提起

病院・医師との間で訴訟外の示談交渉をおこないます。

たまのお法律事務所

〒105-0003
東京都港区西新橋1-21-8
弁護士ビル508号室

TEL:03-6457-9455
(平日6:45~18:00)

主な取扱分野:一般企業法務 内部規則作成
         労働問題 相続問題 行政訴訟
         登山事故 医療過誤

人気の記事
最近の記事
  1. 山岳会での登山事故における法的責任について-日和田山転落事故

  2. 法律上の期間、期限など日に関すること

  3. 会社の休日連絡用携帯電話貸与と賃金

  4. 株主総会議事録の記載内容が実際の決議と異なる場合について

  5. 配置転換は拒否できるのでしょうか?

  1. 遺産分割での預貯金の扱いは?-相続開始後の払戻し、分割方法など

  2. 休出時の代休の必要性と賃金について-法律相談前に押さえたい知識

  3. 精神的苦痛に対する慰謝料について

  4. 遺言書の偽造と偽造による相続欠格について

  5. 遺産分割について最初に押さえたい4つのポイント

TOP