パーティー登山事故の類型と法的責任

パーティー登山事故の類型と責任

パーティー登山において発生した登山事故のうち、裁判にまで発展した事故は、大きく分けて、

(a)商業ツアーでの事故

(b)教育活動での事故

(c)山岳会での事故

(d)その他のパーティーでの事故

に分類することが出来ます。

尚、ここでは、単独行の対義語として、2人以上での登山をパーティー登山と呼び、パーティー登山中の登山事故をパーティー登山事故ということにします。

パーティー登山事故の法的責任

パーティー登山事故においても、単独登山と同様な事故も生じます。
たとえば、パーティー外の第三者の登山者が起こした落石による死傷事故、登山道の梯子、柵等の瑕疵による事故などが考えられます。

これらの事故に関しては、原則として、法的には、単独行時の事故と、パーティー登山時の事故は異なるものではありません。

たしかに、パーティーの同行者(以下単に「同行者」といいます。)に、「危ないよ」と他のパーティーの構成員に注意する義務が認められるような例外的な場合は、当該同行者と落石を引き起こした第三者(ここでは、パーティーの構成員以外の者(部外者)を「第三者」ということとします。)あるいは梯子、柵等の管理者との間に客観的関連共同を認定し、民法719条により当該同行者と第三者あるいは管理者の双方に、共同不法行為による損害賠償責任が生じると考えることも法理論的には可能です。

しかし実際に双方に責任が認定されるのは、かなり例外的な場合に限定されるものと思われます。

このサイトで紹介する記事は、とくに断りのない限り、上記のような客観的関連共同が問題とはならない事故における、事故の被害者と他のパーティー構成員およびパーティーの主催者(以下単に「主催者」といいます。)との法的関係について触れています。

(a)商業ツアーでの事故については、下記の記事で扱っています。

(b)教育活動での事故については下記の記事で扱っています。

(c)山岳会での事故については下記の記事で扱っています。

(d)その他のパーティーでの事故については下記の記事で扱っています。

最近の記事
人気の記事
おすすめの記事
  1. 那須雪崩事故~公立高校の部活時の登山事故と指導教員個人の責任

  2. 定年後再雇用時の賃金と定年前の賃金について

  3. 同一根拠法の処分の取消訴訟における異なる原告適格の判断と判例変更

  4. 行政処分に対する取消訴訟の原告適格が認められる範囲について

  5. 外廊下の水たまりは民法717条1項の瑕疵となるのでしょうか

  1. 法律上の期間、期限など日に関すること

  2. 職務専念義務違反とは?~義務の内容、根拠、問題となるケースなど

  3. スノーシューツアーの雪崩事故におけるガイドの刑事責任~ニセコ雪崩事故

  4. 公序良俗違反とは?~その意味、具体例、法的効果と金銭返還請求など

  5. 解雇予告の30日前の数え方と夜勤の労働時間の計算-労働基準法の日と時間

  1. スキー場の雪崩事故と国賠法の瑕疵認定~判断枠組み、予見可能性の影響等

  2. 八ヶ岳残雪期滑落事故にみるツアー登山での事故における主催者の法的責任

  3. 日和田山転落(クライミング)事故にみる山岳会での登山事故の法的責任

  4. 登山事故の分類と民事訴訟について

  5. 公序良俗違反とは?~その意味、具体例、法的効果と金銭返還請求など

関連記事