雇用

休日出勤と休暇

休日に出勤した時の問題

AさんとBさんは会社の同僚で、2人の会社は、土日祝日が休みとなっています。
Aさんは、先週の日曜日にサーバのメンテナンスの為に出勤するように命じられ、代わりに昨日会社を休みました。
Bさんは、一昨日年休を取得し、11時から神保町の登山用品店で前から欲しかったテントをみていた時、突然会社から電話があり、仕様変更があるので午後から出社するよう言われ、テントを諦め、その足で会社へ向かい、午後から仕事をしました。
AさんとBさんは年休を取得した扱いとなるのでしょうか。

振替休日と代休

まず、Aさんの場合ですが、大きく分ければ、①会社から先週の日曜日の前に、先週の日曜日の休みを昨日に振り替えるように言われていた、②先週の日曜日に出勤したあと(例えば今週の月曜日)に先週の日曜日の代わりに昨日休むようにいわれた、③会社からは、先週の日曜日の出勤は命じられたが、それに代わる休みの話は出ていなかったものの、自ら自発的に昨日休んだという3つのケースが考えられます。
①の場合は、休日の振替とされ、Aさんが昨日休んだのは、あくまでも休日の休みであり、年休を取得しての休みではありません。日曜日は出勤日として扱われますので、休日出勤手当はつきません。
②の場合は、日曜日は休日に出勤したことになり、昨日は勤務日ではあったが、会社から勤務を免除されたということになります。そこで、仮に日曜日が法定休日であれば、割増賃金が支給されることとなります。
一方、昨日は、本来の出勤日ですが、実際には勤務していませんので、本来であれば昨日分の給与は控除されることとなります。しかし、通常は、休日出勤手当と相殺し、休日出勤の割増分のみが実際には支給されることとなります。
よって、この場合も昨日の休みは年休扱いにはなりません。
次に③の場合ですが、会社から昨日休むように言われたわけではありませんので、日曜日は休日出勤となり、仮に日曜日が法定休日であれば、割増賃金が割増分だけではなく全額支給されることとなります。
一方、昨日は、あくまで自発的に休んでいるので通常は年休を取得したこととなります。

年休取得日の会社からの呼び出しと年休

続いてBさんの場合を考えてみます。
まず、原則論からは、Bさんは年休の時季指定権を行使して一昨日年休有給を取得しており、会社から電話が掛かってきた時点では既に年休を行使していたのですから、会社は時季変更権を行使することは出来ず、Bさんは午後からの出社を拒否できたこととなります。
しかし、Bさんも同意して午後から出社しているのですから、午前中は半休を取得したことにもなりそうです。
ただ、年休は1日単位で与えるのが原則であり、半休は、従業員側から請求があった時に半日単位で与えられるに過ぎず、会社から半休を指定できるものではないと一般的には考えられています。
そこで、Bさんのような場合は、年休取得は成立していなかったものとして扱い、一昨日分の年休は未消化ということになるのが原則となります。
したがいまして、Bさんの場合は、一昨日は年休を取得しなかった扱いとなります。

関連記事

ブログ(カテゴリー別)

最近の記事
おすすめ記事
  1. 被相続人の債務の返済義務

  2. 直前または当日の年休取得申請について

  3. ゴルフ場の落雷事故と法的責任

  4. 国家賠償法1条2項の求償について

  5. 遺言執行時の遺言の解釈

  1. ツアー登山事故における法的責任について(その1)

  2. 公序良俗違反について

  3. 山岳会での登山事故における法的責任について

  4. 登山事故の類型と民事訴訟について

  5. 山岳地帯での事故における法的責任について(その4)

TOP