夏季休業のお知らせ・・・8月9日~13日は夏季休業とさせていただきます。お急ぎの方はお問い合わせフォームからご連絡願います。

退職勧奨と退職届について

ある日会議室に呼び出され突然“肩たたき”にあい、気が動転している中、その後も何度も強く退職を迫られたことから耐えられず退職届を提出してしまったのですが、“肩たたき”を受けている時に会社から聞いていた退職条件と、退職届を出した後に人事から聞いた話が違いすぎることから、退職届を出さなかったことにしたいと思った場合、どのように考えれば良いのでしょうか。

 このような所謂“肩たたき”のことを退職勧奨と言います。
退職勧奨は労働者に自発的な退職意思を形成させるように働きかける説得活動であり、一般的には法律行為ではなく事実行為と考えられています。
 そこで、本件のような場合、法律的には労働者が自発的に退職の意思表示を退職届という書面でおこない、労働契約が終了することになったと考えることとなります。

しかし、本件では、会社の事実と異なる退職条件の話を本当であると信じて、退職の意思表示として退職届を提出したのですから、事実と異なっていた条件が退職の意思を固める際の重要な判断要素となっていたと考え、退職の意思表示に錯誤を認める余地があり得ます。
 そこで、会社に対して既に退職届は提出しているが、その提出は錯誤に基づくものであることから、退職の意思表示を取り消すと主張することが可能な場合があります。

 また、退職勧奨時に会社から脅されて退職届を提出したような場合には、勧奨行為が強迫に該当するとして退職の意思表示の取消しが可能な場合もあり得ます。

 更に、勧奨行為が長時間、不適切な言葉等によるものであり、社会通念上許容される限度を超えていたような場合、労働者からの慰謝料請求が認められることもあり得ます。

いずれにしましても、早めの対応が必要となります。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

お気軽にお問い合わせください

早朝6時45分からの法律相談が可能です
オンライン相談にも対応しております