夏季休業のお知らせ・・・8月9日~13日は夏季休業とさせていただきます。お急ぎの方はお問い合わせフォームからご連絡願います。

雇用問題

雇用問題の法律問題

内定取消、残業代請求、解雇、雇止め、労災、パワハラ等の雇用問題に関するご相談に応じます。
近時の社会情勢のもと、労働環境がより厳しくなっていることは否定できません。会社にご勤務の方の中には内定段階では内定取消、就労後には残業代未払い、パワハラ・マタハラの被害、降格・降給、労災、解雇・雇止めに直面される方も珍しくありません。
しかし、実際に被害にあわれながらも問題の所在に気付かず自らを責めてしまう方も少なくありません。
そのような方々の少しでもお力になれるよう、当事務所ではIT企業、外資系企業、ベンチャー企業等にご勤務の方の下記のような各種雇用問題のご相談に応じております。

会社入社前の問題

採用内定、内々定の取消しにあわれた方のご相談に応じております。

入社時の問題

採用条件と実際の労働条件に相違があった時、試用期間に解雇された方のご相談に応じております。

職場における各種雇用問題

残業代未払い、同一労働同一賃金に抵触するパートタイマー、有期雇用労働者への一部手当の不支給などの賃金の問題に関しては、早い段階で弁護士に相談することが良い解決へつながることもあります。
ハラスメント(パワハラ、セクハラ、マタハラ、モラハラ)問題に関しては、早めの対策がストレスを軽減し、精神状態の悪化を最小限に留めることにつながります。
また、配置転換、降格による減俸、懲戒が不当な処分であることも珍しくはありません。

解雇・雇止めの問題

有期雇用の無期転換ルールの導入が有期雇用労働者の不当な雇止めにつながっているケースがあります。
また、経営環境の悪化から、不当解雇の増加が懸念されています。

ご参考になるブログ記事

解雇・雇止めにあわれた方

退職の準備をされている方

未払い賃金にお悩みの方

  • 出向先の再出向命令には従わなければならないのか

    出向先の会社から更に別の会社へ出向するように命じられた場合、この命令に従わなければならないのかを考えてみます。

  • 業務外の怪我による休職中・休職後の賃金・配置転換について

    業務外で怪我をしてしまい休職した場合、休職中の賃金はどうなるのでしょうか。また、休職明けに配置転換され賃金が下がることはあるのでしょうか。

配置転換・出向・降格・懲戒にお悩みの方

採用内定取消しにあわれた方

職場での事故でお困りの方

  • 夫婦連名の遺言書

    夫婦2人が連名で1通の遺言書を作成したとき、共同遺言として無効になるのでしょうか。

NO IMAGE

お気軽にお問い合わせください

早朝6時45分からの法律相談が可能です
オンライン相談にも対応しております