BLOGブログ

形見分けと相続放棄および形見分けを受ける期待権

どのような「形見分け」をおこなった場合、単純承認とされ相続放棄が出来なくなるかということと、被相続人の残した相続対象外の動産を廃棄する行為が他の相続人の形見分けへの期待権を侵害する不法行為となりうるかを裁判例をみながら解説しています。

遺言執行者の相続財産目録の作成交付義務と責任

遺言執行者の相続残目録作成が遅延した場合、遺言執行者は何らかの責任を問われるのでしょうか。また、相続財産目録を作成した時には、遺言の内容に関わらず、相続人全員に交付しなければならないのでしょうか。

TOP