事務所名について

事務所名である「たまのお法律事務所」の命名経緯とその意味のご説明

事務所名の由来を聞かれることがよくあります。「たまのお」(玉の緒)とは首飾り等の美しい宝玉を貫き通すひものことを意味するようで万葉集でも使われています。また、新古今和歌集などで使用されているように「生命」という意味もあります。更に伊勢物語では短いことのたとえとしても使われています。
この名前は、独立して開業する際、国文学者である学生時代の友人が考えてくれたいくつかの事務所名の候補の中から、法的な問題に直面している相談者・依頼者の方々が大切にするものを守りながらも早期に問題を解決して豊かな日常を取り戻していくお力になりたいという希望を込めて選んだものです。

ブログ(カテゴリー別)

最近の記事
おすすめ記事
  1. 被相続人の債務の返済義務

  2. 直前または当日の年休取得申請について

  3. ゴルフ場の落雷事故と法的責任

  4. 国家賠償法1条2項の求償について

  5. 遺言執行時の遺言の解釈

  1. 登山事故の類型と民事訴訟について

  2. 山岳会での登山事故における法的責任について

  3. ツアー登山事故における法的責任について(その1)

  4. 公序良俗違反について

  5. 配置転換の拒否について

TOP